ドッグランに置き去りにされた犬 夫婦になじみ天真爛漫に

ドッグランに置き去りにされていた「リドル」
ドッグランに置き去りにされていた「リドル」

 保護された犬はさまざまな過去を背負っている。ラブラドール・レトリーバーに似たその雑種犬はドッグランに置き去りにされ、捨てられていた。

(末尾に写真特集があります)

 ドッグランに出かけたその日は、楽しい1日になるはずだった。犬たちは飼い主と一緒に思い思いに遊んでいた。やがて閉園時間になると、みんな連れ立って帰っていく。しかし、一緒に来たはずの家族がおらず、ぽつんと取り残された犬がいた。

 犬は保護団体「ARK」(大阪府)に保護された。

 置き去りにした元の飼い主は、どんな心境だったのだろうか。「ドッグランに置いていけば、きっと犬好きの誰かがなんとかしてくれる」。そんな安易な気持ちだったのではないかと、今の飼い主、北口さん夫妻は言う。山中などに遺棄するのと違い、誰かに見つけてもらえる。だが、遺棄は無責任で身勝手な行為だ。

なんだか今日は楽しいね
なんだか今日は楽しいね

保護団体に勧められた犬を選ぶ

 その犬、リドルは当時、推定3~4歳。2017年12月に大阪府に住む北口さん夫妻が引き取った。

 夫妻は「同じ飼うなら、保護犬の子を飼おう」と、インターネットを検索し、ARKのホームページを見つけた。ARKの施設に犬を見に行った時、最初に紹介され、散歩した犬がリドルだった。ホームページで見ていた別の犬にも会ってみたが、人に対する警戒心が強かった。

 夫妻は、大阪府の家とは別に、奈良県に古民家を買い、行ったり来たりして自然を満喫する暮らしを楽しんでいた。そんな環境の変化に順応できて、大自然の中で一緒に遊べる犬がいいと思っていたという。

「中型犬以上の大きさで、柴犬や紀州犬もいいとか、耳が垂れている子がいいとか、いろいろ考えていたんです。でも、犬を飼うのは初心者だし、相性もある。ARKでは、飼い主に合う犬を紹介してくれるので助かりました。リドルにして良かった」

家になじむのに4カ月

 リドルはARKで譲渡の手続きしている時、すごく大人しく、慎重な感じがしたという。

「手続きしている最中、ぴったりくっついてきたり、ひざの上に乗ったり、フレンドリーな子でした。車にもすっと乗って座っていて。でも、自分を出しきれない感じで、いたずらもせず、おとなしかったんです。肋骨が見えていて、食べさせても太らなかった」

 特に大きな問題があったわけではないが、妻は少し不安になったという。しかし、ARKでは、家で飼いやすいようにトレーニングをしてくれていた。ボールやディスクに興味はないが、犬と遊ぶのが好きということも分かってきた。迎えて4カ月後には、家に馴れてくれたという実感がわいてきたそうだ。

 今のリドルは天真爛漫。奈良の古民家には畑もあり、思いっきり遊べる。夫妻にとって最高のパートナーになった。

<リドルの出身団体>
アニマル・レフュージ関西(ARK)
さまざまな理由で保護した犬や猫の心身のケア、社会化トレーニング、里親探しなどを行っています。
住所:〒563-0131 大阪府豊能郡能勢町野間大原595 アニマルレフュージ関西
HP:http://www.arkbark.net/
営業時間:10:00~16:00
Tel:072-737-0712/Fax:072-737-1886
E-mail: ark@arkbark.net
渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

70名様ご招待! 獣医師セミナー「愛犬と幸せに暮らすために」

愛犬の健康と幸せのために、飼い主さんならぜひ知っておきたい正しい知識を学びましょう

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!