目が見えない愛犬 原っぱを歩くコツつかみ、友達にもクンクン

見えなくても、お散歩大好き。クローバー畑から出たがらないココ
見えなくても、お散歩大好き。クローバー畑から出たがらないココ

 先に旅立ったピンは、本当に“犬見知り”で、ドッグランに連れて行っても、端っこのほうで固まってしまい、「早く、ここから出してよ~」という顔で私を見つめ、結局「抱っこ、抱っこ」とせがんだり、ベンチに座っている私の膝に乗ったまま、最後まで下りないような子でした。

 その点、ココは、「大型犬」のサークルに行きたがったり、よそのワンコに必ず挨拶に行ったり、拒否されても、しつこくしつこくアピールをし続けたり……と、積極的でした。

 でも今、お散歩に連れ出すのは困難を極めます。コンクリートの道や縁石に、ココはしばしば顔や鼻をぶつけてしまいます。目が見えないからです。

 それでも、お外は大好きなので、すごい勢いで飛び出していくのですが、どこかに激突してショックを受けてしまうこともしばしば。

 もちろん私のほうも大ショックであるうえ、ケガにもつながりかねないので、バギーに載せて、近所の公園まで連れていきます。

距離感がつかめないせいか、コンクリートに顔をぶつけてしまうので要注意
距離感がつかめないせいか、コンクリートに顔をぶつけてしまうので要注意

 緑豊かなこの季節。ココは草の先っぽが目に入ってしまうことに、最初は戸惑っていましたが、今は見えないなりに、草の中を歩くコツを覚えたみたい。

 先日、公園で遊んだときには、クローバーが生えている一帯から、まったく出てこようとしませんでした。

 さらに、お友達に会ったときには、見えないのに積極的に挨拶をしに行ってしまい、クンクン、クンクン、かなりしつこかったです(苦笑)。目が見えていないこと以外、ココはまったく変わっていなくて、とても安心させられました。

 その日は、ミニピンちゃんに2回も会いました。そのうちの1匹は、ココと同じ「極小犬」。

 私はずっと「きょくしょうけん」と呼んでいたのですが、そのミニピンちゃんのママから「ごくしょうけん……ですよね?」とご指摘いただき、恥ずかしい想いをしました。

 そのミニピンちゃんはレッドで、ちょっと毛が薄くて、すごく細くて(ミニピンは本来、細い犬です。我が家がみんな大きくなりすぎ……)、そして保護犬ちゃんでもありました。

 もう1匹は、我が家と同じブラックタンでしたが、こちらもミニピンらしく、スリムな体形で……。飼い主ともども、夏までに、もう少し痩せなければと思ったりもしました。

こちらはココの同居犬、ハンター
こちらはココの同居犬、ハンター

 それにしても、緑の中にいるココのかわいいことったら!

 まぁ、親ばかなのですが、こういう光景を見ていると、ココとピンは、やっぱり姉妹(本当に、父親は同じです)なんだなぁとも思いました。ま、性格は違うのですけれど、ピンの最期の日、私たち家族とピンをちゃんと会わせてくれたのはココのお陰でもあるので……。

 今年は、5月下旬から真夏のような暑さゆえ、暑いなか、ピンを抱っこして頻繁に動物病院に通っていた頃のことを一日に何度も思い出します。

 ココ、そして保護犬・ハンターとの毎日が少しでも長く続きますようにと願うばかりです。

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。
この特集について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。